カビッシュトレールでエアコン掃除|イヤ〜なニオイもさっと撃退!

夏に大活躍するエアコン。夏の始まりに久々に使用すると、カビ臭いことってありますよね。今回は、画期的なエアコンの掃除アイテム「カビッシュトレール」をご紹介しようと思います。

カビッシュトレールって?

カビッシュトレールとは、カビ取り用洗浄剤シリーズです。浴槽・洗濯機・エアコン用などさまざまな用途に合わせてシリーズ化されている大人気商品です。

その中でも今回紹介するのは、エアコン用のカビッシュトレール。「カビッシュトレール エアコンファン洗浄剤」は、密着度の高い”もこもこ泡”が特徴で、たれ流れることなくしっかりとファンに絡まり、汚れを落としてくれます。

エアコンを分解しなくても掃除ができる

エアコンのファン洗浄、というと分解して掃除するイメージがあると思います。実際、一般的には分解してファンの汚れを落とすというものです。

しかし、「カビッシュトレール」はエアコンを分解しなくても、吹き出し口からスプレーのノズルを差し込んで噴射するだけ。他に必要な道具もなく、気軽に掃除できちゃいます。

エアコン掃除に必要なアイテム

エアコン掃除で必要なものは次の2つです。

✅カビッシュトレール
✅90 Lビニール袋(付属してます)

エアコンのカビ臭い原因となっているのは、主にファンに付いているカビです。そのエアコンファンを掃除するにあたって、ビニール袋・掃除機は必要アイテム。

ビニール袋は、カビを取った後の汚水が飛び散って、床や壁を汚さないようにするためのもの。

また、掃除機は目に見えている大きいホコリを取り除くために使います。あらかじめ取り除いておくことで、洗浄力を高めることができます。

簡単な掃除方法

ここからは具体的にどのような手順で掃除を進めていくのかを説明します。
工程は8つ。1人でもできる程簡単な手順です。

1.エアコンのプラグを抜く
2.エアコン周りにビニールを設置
3.ルーバーを外してスプレー噴射
4.ノズルでファンを回しながら泡で全体を覆う
5.薬剤を洗い流す
6.送風機能でエアコンを乾燥させる

1.エアコンのプラグを抜く

付属の取扱説明書に沿って作業を行いました。

まずは作業中の事故を防ぐため念のためプラグロ抜いておきます。

2.エアコン周りにビニールを設置

付属しているビニール袋をエアコン本体に設置します。

このビニールに汚れを落としていく感じです。

両面テープで固定するのですが、少し不安な方はガムテープとか使ってもいいですよ!

3.ルーバーを外してスプレー噴射

やっと掃除を始めます。

ピンク色のスプレーの「洗い用」を使います。

下から覗くとファンが見えます。

これを狙ってスプレーしていきます!

4.ノズルでファンを回しながら泡で全体を覆う

ファンを泡で覆います。

我が家のエアコンは8畳タイプなのですが、結構余裕で覆う事ができました!

泡でモコモコな写真!!!

5.薬剤を洗い流す

30分程、泡を放置したら洗い流します。

青色のスプレーです。

こちらも多めに入っているので、思う存分使えます!

6.送風機能でエアコンを乾燥させる

最後に、エアコンの中を乾燥させます。

この工程を省いてしまうと、またカビが発生してしまうので絶対に行いましょう!

エアコン掃除の注意点

コンセントを必ず抜く

特に洗浄スプレーを使ってお掃除する場合は、電装部分にかからないように注意する必要があります。

「電源を入れたまま掃除をしてしまい、服がファンに巻き付き取れなかった」という事例もあります。

自分で分解しない

自分で分解するのは、故障させてしまう可能性が高いので、やめましょう。

奥まで綺麗にしたい!という方は、業者さんにエアコンクリーニングを依頼するようにしましょう。

カビッシュトレール での掃除でも十分エアコン掃除できますよ!

まとめ

夏の暑い時期を快適に乗り越えるために、エアコン掃除をしてみてはいかがですか?

カビッシュトレール 一本で快適な夏を迎えましょう。

記事の内容をツイートしています