人の目が気になる人必見!ポイントは福山雅治です。

自分に自信がない。人の目を気にしてしまう。

親友でも、この人は私のことを嫌っているのかな?
彼女・彼氏でも、本当に私のことが好きなのかな…?
と毎日不安になってしまったり。

このマインドセットになってしまうと、人に話しかけるのも怖くなってしまいますよね。

この記事では、人の目を気にしなくなるためのノウハウをご紹介します。

頭の片隅にでもおいておくだけで、少し楽に人生が変わっていきます。

簡単なことだけど、侮れない。
5分で読める記事になってます。

人の目を気にしない方法~3つのポイントがあります~

1.私たちは福山雅治じゃないんだ理論

SHOWROOM社長である前田祐二さんの言葉にこんなのがあります。
「僕らは福山雅治じゃないんだから、誰も気にしてなんていないし注目もしていない。だから、周りの人なんか気にせず、好きなことをやればいい。」

事実、前田祐二さんは、この理論のおかげで、人前で話すときに緊張をしないんだそうです。

失敗しても、誰も気にしていない。
気にしてるのは自分だけ。

思い出してもみてください。
あなたは、すれ違った人や同僚や他人が、話している内容・行動をいちいち覚えていますか?

周りの人からしてみれば、私たちもその他人の一人にすぎないんです!

私たちも含め、周りの人も、自分のことだけで一杯一杯!

2.自分がコントロールできる事とできない事の区別

周りの人が私たちのことを、どう思うかはコントロールできません。

私たちがコントロールできるのは、私たち自身の行動だけです。

例えば、好きな人に告白しても、
告白の結果上手くいって付き合えるかもしれないし
告白が上手くいかず気まずくなるかもしれません。

当然、これらの結果や相手の感情はコントロールできません。

しかし一方で、告白をせずにモジモジし続けるのか。
告白をして『
結果はどうであれ』勇気をだして行動をするのかは、自分がコントロールできることです。

自分の身長が低くて悩んでいる人もいると思います。
これも同じように、周りの人が私たちの見た目をバカにするかもしれませんし、何も感じていないかもしれません。

なんなら、好意を持ってくれているかも。

ただ、あなたが自分のコンプレックスを気にしすぎて、ずっと人前でオドオドする人生を送るのか。
それとも自分の嫌なところを受け入れて、人前で堂々とした振る舞いをするのかは、私たち次第です。

自分がコントロールできるのは、自分の行動だけだということを理解できるのではないでしょうか。

コントロールできない事を
コントロールしようとするのは結構しんどい

3.コントロールできる自分の行動に集中すること!

よくやってしまいがちなのが、次のようなループに陥ってしまうことです。

  • 人にどう思われてるのか気にして行動が取れず人前で、オドオドする
  • そんな自分に対して自己嫌悪する
  • 自身がなくなり、更に人の目線を気にしてしまう
  • …ループ…

こういった最悪のサイクルにハマってしまうと、抜け出せなくなってしまいます。

こういう時は、自分が行動を起こすことをGOALに設定してください。

GOALを自分の行動にすることで、結果はどうであれ「自分は勇気をだして出来ることはした!」
という誇らしい気持ちが生まれてきます。

そして、行動のたびに自分を褒めることができるのでドンドンと自信が生まれてきます。

その結果、自分の評価基準が、人にどう思われたか→自分が何をしたかに変わります。

あなたの評価を決まるのは、あなた自身

人目を気にしないと人生が楽になっていく

人目を気にしてしまう人の特徴として、人からの評価を自分の評価として捉えてしまいます。

人からどう思われたいのか。
どう思われたくないのか。
自分の基準ではなく、周りの人の基準で自分を推し量ろうとしてしまいます。

結論から言うと、このような基準で人生を送っていくと、結構キツいしシンドイんです

人にどう思われるかで自分の行動を決めるよりも、自分がどうしたいかで行動を決めた方が気持ちが楽なはずです。
自分が決めた行動をとることで、自分のことを肯定できる。
これが本来の自分基準で生きるということです。

この際、人にどう思われるかではなく、自分がどうしたいのかを自分の中心に置いて物事を考えてみてください。

成功している人のほとんどが自分勝手

特別我が強い成功者と言って思いつくのがホリエモンですよね。
テレビやメディアにも良く出ていますが、その度にとんでも発言や暴露を言ったり、偉そうな人には特に噛み付いているイメージが強いです。

ホリエモンといえば今まで考えられないような、ビジネスに取り組み成功させてきた起業家ですが、きっと周りの言葉を聞いていたらこんなに新しいことに挑戦はしてこれなかったと思います。

常識は全て疑う。
「誰がそんなこと決めたんだ」と反発してみる。
一般的な常識なんて無視して、自分で考えてこうだと思ったものには全力で取り組む。

こんなに人生に自分勝手になれる人はなかなかいないとも思えたりします。

 

常識に捕らわれていたら地球はいまも四角いことになっているでしょう。
空をとぶのも当時は非常識なことでしたから飛行機もなく旅行も行けなかっただろうし、
科学も発展せずに、原始的な生活を今でもしているでしょう。

「成功したければ変な人でなくてはいけない」
なんて言葉を聞いたことがありますが、何かを成し遂げる人はやはり自分を信じて行動出来る人です。

他人基準ではなく、自分基準で行動することが、成功には必要なのです。

自分がやりたい事をやっていこう

自分がやりたいことを、周りの目なんか気にせずに思いっきりやる。

自分勝手になってもいい。
成功している人のほとんどは、自分勝手にやりたいことをやっている人です。

もっと自分中心な人生を送っていけたら、、、めちゃめちゃ楽しくないですか?

人の目なんか気にするな。
好きなことを自分勝手にやりきれ。
人生は私たちのものです!

記事の内容をツイートしています