習慣を作ることのメリットを解説! 習慣化の驚くべき効果を解説します

「早起きの習慣」や「勉強の習慣」などの誰もが羨ましい習慣を身に付けるメリットは、皆さん想像出来ると思います。

しかしこの記事ではもっと本質的な、「習慣」そのもののメリットについてご紹介します。

どんな簡単な習慣でもいいので、1つでも習慣と呼べる行動を持っておくだけで得られるメリットです。

習慣の本質的なメリットを知ってもらえれば、明日から習慣を身につけたくてウズウズしているはずです。

習慣を作るメリット

まず、今回ご紹介するメリットを3つ書いておきます。

  • 生活リズムが整う
  • 同じパフォーマンスを維持できる
  • 成果を得られやすい

この記事では、そんな習慣の魔力をご紹介していきます!

生活リズムが整う

習慣とは、どんな行動をどんな場所で行なうのかが決まっている行為です。

習慣を毎日やっていることで、体の中のリズムが一定に保たれていきます。

気づいたら1日ゴロゴロしてしまった。
やるはずだったタスクに集中できない。

情けない生活から抜け出すことができます。


朝→コーヒーを飲む
昼→運動をする
夜→ストレッチする


こういった、朝・昼・夜の習慣が決まっていると行動にメリハリがでてくるんです。

朝はコーヒーから始まり、昼は運動することから始まり、夜はストレッチをして1日を終える。

自分の最高な生活リズムを、習慣を作ることによって手に入れることができます。

 

楽に行動できるようになる

同じパフォーマンスを維持できる

これは有名な習慣の効果ですね。

イチロー選手の言葉が有名です。
「どんなに気持ちが揺れていても、いつもどおりの作業をすることで、自然にバッティングの気持ちに切り替えることができるんです。僕にとってはいつもどおりにすることがプレッシャーに対処するための唯一の方法ですね」

この言葉に詰まっています。

毎日の自分の行動の一部を決めておくことで、自分の状態に関係なく同じパフォーマンスを維持出来るようになれます。

朝にどんなに嫌なことがあったとしても、昼の習慣を行なうことで気分転換になる。

昼に嫌なことがあっても、夜の習慣を行なうことで気分転換になる。

習慣は、自分の気持ちを正常な位置に戻す簡単で唯一無二な方法なんです。

いつも最高のパフォーマンスを発揮している人は、パフォーマンスを維持する習慣を必ず1つや2つ持っています。

 

必勝パターンを作る

成果を得られやすい

習慣を作ることの最大のメリットは、望む成果を得られやすいということです。

なぜ成果を得られやすいのかというと「何事も十分な成果を得るためには、それ相応の時間と努力が必要」だからです。

「継続は力なり」とはよく言ったもので、成功者のほとんどは継続してその分野を極めています。

継続することと習慣化することとの間には、大きな関係性があります。

モチベーションを維持する。モチベーションを向上させる。
よく聞くこの「モチベーション」という言葉は今すぐに捨てるべきです。

気合いや根性で自分を動かしていると、心をドンドンすり減らしていってしまいます。

行動をとることにエネルギーを使ってしまって、行動そのものにエネルギーを発揮できません。

モチベーションというのは、自分の状態・環境にとても影響を受けてしまいます。

「やる気にならないから今日はやめておこう」のような決断をしてしまうのも、気合い根性モチベーションに頼りきって行動をとってきたからです。

成功者や生産性が高い人はモチベーションのような不確定な動機で、自分を動かしたりはしません。

とるべき行動を習慣化して、仕組みで自分を動かしています。

そこにやる気やモチベーションは関係ないんです。

継続するためには、まず継続させたい行動を習慣にする。
いつ・どこで・どうやって行動をするのかを明確にします。

行動をとるエネルギーが限りなくゼロになって、成果を得るためにエネルギーを捧げることができます。

 

モチベーションで自分を動かさない

習慣を作るにはどうしたらいいのか?

ここまで記事を読んでくれた人の中には、じゃぁどうやって習慣作るんだよ!

いつも三日坊主になってしまって継続できないよ!って方もいると思います。

その問題を解決する記事を過去に詳しく記事にしたので、参考にしてください。

【2020年版】習慣の教科書 身に付け方には方法がある

習慣の作り方

上の記事の中でご紹介している習慣の作り方は、次の通りです。

  • 習慣をパーツに分ける
  • 最初の1分間の計画を立てる
  • 習慣の敵を考える
  • すでに存在する習慣と組み合わせる
  • 「環境」をコントロールする
  • 目に見えるようにする
  • 習慣を行なう時間・場所を一定にする
  • 「1%」続ける方が「0%」より「100%」いい

習慣化するには、まず習慣の正体を的確に把握する必要があります。

そこでやるのが、「習慣をパーツに分ける」こと。

少しでもいいから習慣を行動に移す。

『「1%」続ける方が「0%」より「100%」いい』というコンセプトを持つこと。

習慣は力なり

この記事で、最後に伝えたいことは「習慣は力なり」ってことです。

自分が今一番成果を挙げたいことがあるのなら、その成果に繋がる行動を習慣にしてしまうことを強くオススメします。

 

思いついたら即行動!行動したら即習慣化!

 

きっとあなたの人生を変える素晴らしい習慣を手に入れることができると思います。

記事の内容をツイートしています